読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ダンケルク』はどこで観るべきか。

f:id:v6stage:20160908224530j:image

ダークナイト」「ダークナイト・ライジング」「インターステラー」のクリストファー・ノーラン監督が新たな作品「ダンケルク(Dunkirk)」を2017年7月に公開する予定だ。上映方式は世界各地のデジタル2DやIMAXデジタルシアター、IMAXレーザー。そして珍しい35mm版や海外しかない70mm版など予定しているが、
 
監督が意図した完璧な上映方式はIMAX70mmフィルムである。
 
オリジナルであるIMAX70mmフィルム版はこれ。

f:id:v6stage:20161004193220j:image

f:id:v6stage:20161004193227p:image
正方形に近いフィルムであり、縦に長いことがわかる。解像度は約8K〜(10Kや12Kとも言われている)なお黒や白などの表現が素晴らしくてどこか懐かしい感じもする。
 
次に70mm版はこれ。
 
 
 
 
f:id:v6stage:20160908225946j:image
 
 
 
 
70mmを上映している映画館はかなり少ない(日本では上映されていない)が、この時点で上下合わせて2/3カットされている。
 
次に35mm版はこれ。
f:id:v6stage:20161004193855j:image
f:id:v6stage:20161004194945p:image
あくまでイメージだが、シドニーで観た記憶からするとこの画像と上のIMAX70mmフィルム解像度の差はこのぐらいある。
もうオリジナルとは程遠い。
 
 
 
 
デジタルでは殆どが2K上映、若しくは4Kもありますが、オリジナルは解像度だけでなく、色彩やコントラストも抜群な為、同じ作品でも全く違ってきます。
 
さらにIMAXフィルムシアターは大きなスクリーンに映すことが目的であるため、どのIMAXフィルムシアターも縦18m級(最高30m)なのである。
f:id:v6stage:20160908232158j:image
 

ダンケルク』はどこで観るべきか

クリストファー・ノーラン監督はフィルム上映をすると宣言しているが、肝心のIMAXフィルムシアターはどんどん撤去されている。
 
縦29.42m×横35.73mの世界最大平面IMAXスクリーンを誇るシドニーIMAXシアターは2016年9月25日に閉館され、(3年後IMAXレーザーとして復活)
f:id:v6stage:20160908232728j:image
(スクリーンの高さ=建物の高さと思っていい)
 
縦23m×横32mを誇る世界第2位IMAXスクリーンを誇るMelbourne IMAX theater(オーストラリア)も2015年夏にレーザーになっており、
 
縦23.16m×29.57mを誇る世界第3位IMAXスクリーンを誇るLincoln Square IMAX Theater(アメリカ.NY)も既にフィルム映写機は撤去されてレーザーになり、
 
そして、近くて行きやすかった縦21.16mのミラマーIMAXシアター(台湾)も2016年初頭にレーザーになっていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
つまり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15/70mmフィルムIMAX上映を観るとしたらココという場所が全て撤去されているのだ。
 
 
これは参った。何処へ行けというのだノーランよ。何処で上映されるんだノーランよ。
 
 
 
 
 
 
 
と、いろいろ探した結果、候補が出たので紹介する。
 
 
 
 
 
確定
Melbourne IMAX Theater(平面IMAX 現在世界最大)
ホームページ→https://imaxmelbourne.com.au/
 
オーストラリアのメルボルンにあるIMAXシアターは現在シドニーIMAXが工事中な為、世界最大のスクリーンとなっている。
 

 
 
候補2
Liberty Science Center(IMAXドーム アメリカ最大)
ホームページ→http://lsc.org/
f:id:v6stage:20160910111519j:image
f:id:v6stage:20160910111722j:image
過去にインターステラー上映なし ダークナイトライジング上映あり 直径27m
ニュージャージーにあるIMAXドームシアターだ。場所は目の前が自由の女神像であり、ニューヨークも近い為、オススメである。しかし1つ問題が、インターステラーを上映しなかったことである。ダークナイトライジングでは全世界で約100箇所(IMAXフィルム)、インターステラーでは約50箇所であったが、なぜここで上映されなかったのかはわからない。よってダンケルク上映かどうかも確信が持てない。
仮に上映が確定すれば、もうこのシアターが良いだろう。直径27m(バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドは直径24m)座席400席という大きさで、周りの観光地は沢山あり、更に世界第2位のLincoln Square IMAX Theater(IMAXレーザー)も14km先にある。(歩くのはキツイが)
 
筆者的にはここで観たい。シドニーIMAX並の体験が出来るのはドーム型だと思っている。視界全てがスクリーンで覆い被さり、座席の斜面も同じくらいの急勾配であるので、期待したい。
 
ただ、もう一度言うと
ここのIMAXシアターは『ダンケルク』を上映する確率が低い。『ダークナイト ライジング』以来劇映画の70mmフィルムを上映していないのだ。
f:id:v6stage:20160910220338p:image
 
 
候補3
Hackworth IMAX Dome Theater(IMAXドーム)
f:id:v6stage:20160910115944j:image
f:id:v6stage:20160910120055j:image
サンフランシスコ付近のサンノゼにあるIMAXドームシアター。ここは過去にインターステラーダークナイトライジングなど上映しており、ダンケルクも上映する可能性が高い。上映する前は上の画像のように透き通っていて見応えがあるだろう。サンフランシスコ付近といっても結構遠いのでご注意を。座席は280席。
 
 
候補4
BFI IMAX(平面IMAX 欧州最大)
ホームページ→http://www.bfi.org.uk/bfi-imax
f:id:v6stage:20160910122255j:image
f:id:v6stage:20160910122336j:image
イギリス ロンドンにある縦20m×横26mの平面IMAXスクリーン。ここはインターステラーダークナイトなどの作品を何度か再上映していた。大阪にあるエキスポシティIMAXシアター(縦18m×横26m)とあまり変わらないが、座席は急勾配だ。
2016.12.13追記
こちらは現在フィルム映写機を撤去しており、デジタル上映だという事がフォロワーさんからわかった。しかし『ローグ・ワン』ではIMAX70mmフィルム上映復活みたいなので、『ダンケルク』でも復活する可能性はある。
 
候補4(IMAXレーザーです)
美麗華影城(ミラマーシネマ)
台湾にあるアジア最大のIMAXシアター。日本での上映が9月になる為、早く観たいかつ巨大スクリーン、そして次世代IMAXレーザーであるミラマーで観るのもオススメだ。関東住まいの方はこっちの方が良いかも。
 
※ノーランの要望でIMAXフィルムを導入する可能性も0ではないです。
 
候補5(IMAXレーザーです)
エキスポシティIMAXシアター(大阪)
f:id:v6stage:20160910130331j:image
f:id:v6stage:20160910123345j:image
縦18m×横26mのスクリーンを誇る日本最大級のIMAXスクリーン。こちらはフィルムではなく、最新のIMAXレーザー(4K)を導入している。エキスポシティIMAXシアターの凄さやレビューは他に沢山あるので割愛する。海外に行けない方はこちらがダントツオススメ。
 
以上